多機能な動画変換ソフトウェア

保存した動画をスマートフォンで再生できる形式にして変換して再生したい。しかし、ただ変換するだけでは再生出来る形式が違っていたりファイルサイズが大きすぎたり…そんな時に役立つ、動画のダウンロードや変換が出来る「FonePawスーパーメディア変換」を紹介します。

FonePawスーパーメディア変換とは?

動画や音声の変換や、動画のダウンロードなどが簡単な操作できるソフトウェアです。

(FonePawスーパーメディア変換公式ページ)

www.fonepaw.jp
FonePaw スーパーメディア変換-DVD、動画及び音声を多種多様なフォーマットに変換...
FonePaw スーパーメディア変換は、AVI/MP4/MOV/MP3/WMVなど、様々なメディアファイル形式に対応できる実用的な形式変換ソフトですです。カット、画面回転など豊富な動画編集機能も搭載しています。

FonePawスーパーメディア変換を使ってできることは

・動画、音声の編集

・ビデオプレイヤー

・動画、音声の変換

・DVDリッピング

・動画のダウンロード

となっています。

動作環境や入出力の動画形式に関しては、公式サイトを確認してみてください。

www.fonepaw.jp
動作環境-FonePaw スーパーメディア変換
FonePaw スーパーメディア変換の動作環境について、システム要求、対応ファイル・デバイスなど情報は こちらをチェック!

出力形式も一般的なMP4やApple社製品の標準サポートのMOV形式など幅広く対応しているので困ることは無さそうです。

ライセンスの種類

対応OSはWindows版とMac版がサポートされています。

トグルボタンを押すことでWindows版とMac版のどちらをインストールするかを選ぶことができます。無料体験ボタンを押すとインストーラーがダウンロードできます。

無料体験版からでもライセンスを購入し認証を行うことでそのまま使うことができます。

無料体験版には、

・5分以上のファイルは、5分までの変換

・5分以下のファイルは、半分までの変換

・動画のダウンロードは、10回まで

という制約があります。なので、まずは無料体験版を試してどのような使い方ができるのかを確認することができます。

インストール方法は細かく公式サイトで紹介されています。下記リンクを参考にして下さい。

www.fonepaw.jp
ユーザガイド-FonePaw スーパーメディア変換
このユーザガイドはFonePaw スーパーメディア変換の操作について、階段的な手順で説明します。

動画の変換方法

実際に動画の変換を行ってみます。今回は長さ10分のMP4形式の動画を用意したのでAVI形式に変換します。細かい設定をしたりしなければ、あらかじめ用意されたビデオプロフィールを使用するだけで簡単に動画の変換ができます。

公式サイトでは、今回変換を行ったのとは反対にAVIからMP4形式に変換する方法が紹介されているのでそちらもどうぞご覧ください。

www.fonepaw.jp
【超簡単】AVIをMP4に変換する方法
AVIをMP4に変換したい?「FonePaw スーパーメディア変換」を使いましょう!超簡単な操作で高画質でAVI動画をMP4形式に変換できます。無料試用が可能で、初心者も使いこなせまる便利なツールです。

1.動画の読み込み

まず、ソフトウェアを起動するとトップ画面(図2)が出てきます。

それから、変換したい動画を画面上部にある「ファイルを追加」から読み込みこむか、画面上に動画ファイルを直接ドラッグアンドドロップして動画を読み込みます。

(図2 FonePawスーパーメディア変換トップ画面)

2.変換の選択と設定

画面下のプロフィールと書かれた項目のすぐ横にあるドロップダウンリストをクリックします。すると、(図3)のようなビデオプロフィールの選択画面が表示されるので変換したい形式を選びます。特に細かな設定を行わない場合は、そのままで問題ありません。もし細かな設定を行いたい場合は、プロフィール項目の横にある設定ボタンをクリックすることで(図4)の設定画面が開き、細かく設定することができます。今回は用意されたビデオプロフィールをそのまま使用します。

(図3 ビデオプロフィール)

(図4 プロフィール設定)

3.変換開始

トップ画面に戻り、右下の変換ボタンをクリックします。すると、(図5)の画面が表示され、変換が開始されるのであとは待つだけです。

変換時間は、実行する環境に依存します。当環境では10分のMP4の動画をAVI形式に変換をし、約5分程度で完了しました(図6)。

動画変換が終わった後の動作として、パソコンのシャットダウンを設定することもできます。長い動画や4K動画の変換時はかなりの時間がかかったりするため、変換が終わったら自動的にパソコンの電源を落としてくれるのは便利です。設定方法は(図5)の変換画面の一番下の項目にある、完了後のドロップダウンリストからシャットダウンを選択することで設定できます。

(図5 変換画面)

(図6 変換完了画面)

動画変換時のその他の機能

FonePawスーパーメディア変換では、動画の変換時にただ変換をするだけではなく動画を反転させたり、ウォーターマークを入れたりと変換後に編集が必要な作業がまとめてできます。複数ある機能の中から一部紹介します。

カット機能

動画をトリミングして保存をすることができます(図7)。セグメントを分割して変換して保存ができるので動画内の必要な部分だけを分割して変換し保存することができます。

(図7 カット編集画面)

編集機能

高解像度、輝度とコントラストの改善、ノイズの除去、手ブレ減少を変換時に同時に行うことができます。

(図8 編集画面)

反転機能

動画を反転して保存することができます。反転自体は、時計回りに90度回転、反時計回りに90度、左右反転、上下反転の4つから選んで設定ができます(図9)。

公式ページではこの機能に関して記事紹介されているので良ければこちらも参考にして下さい。

www.fonepaw.jp
画質を落とさず動画画面を速やかに反転する方法
もしスマホで撮った動画をパソコンで見たい場合、動画の画面を回転等がする必要がある状況は少なくはないです。動画の画面の向きを上下反転や回転などをするには、ソフトを借りる必要があります。ここで「FonePaw スーパーメディア変換」を皆さんにお勧めします。

(図9 回転設定画面)

FonePawスーパーメディア変換は動画の変換だけではなく、トリミングや動画の反転といった機能も含まれているのでとても便利です。また、ビデオプロフィールがとても沢山用意されており、デバイスごとに最適化された設定を選ぶだけで簡単に動画変換が行えます。よくあるフリーの動画変換ソフトウェアだと、画質が低下してしまったり、設定が複雑で知識が必要となってしまう場合があったりしますが、その心配が必要なく簡単に変換できました。

製品ページでは、活用ガイドが公開されており、具体的にどんな事ができるのかなどを画像つきで細かく紹介されているので、気になった方はそちらを参考にしてみて下さい。

www.fonepaw.jp
使い方-FonePaw スーパーメディア変換
ここですべての動画変換、ウェブ動画ダウンロード、編集方法が掲載されています。階段的にFonePaw スーパーメディア変換の使い方を学びましょう。

FonePaw社製品

今回紹介したスーパーマルチメディア変換以外にもPCの画面録画ソフトウェアや、iPhoneやAndroidのデータ転送ができるソフトウェア等もあります。詳しくは下記のFonePaw公式サイトをご覧ください。

(FonePaw公式サイト)

www.fonepaw.jp
 
iPhoneデータ復元、iOS転送、スーパーメディア変換、Androidデータ復元、スマホ デ...
FonePawがWindowsとMacパソコンでiPhone、iPad、iPodなどモバイル端末の管理ソフトを提供することに専念しています。
報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。