容量不足でHDDを買ったので増設しました!

容量不足でHDDを買ったので増設しました!

HDD(ハードディスクドライブ)の増設

録画サーバには3TBのHDDが積んでありましたが、アニメやテレビ番組なんかを高画質で録画すると結構容量を食ってしまってあっという間に容量が無くなってしまいました。
そこで増設用に4TBのHDDを購入しました。

今回買ったのはWD(Western Digital)のBlueシリーズの4TBを購入しました。

購入金額は7,853円です。

最近では一昔と比べると大容量のHDDがお安く買える時代になりましたね!
同じシリーズのHDDでも3TBと4TBの金額差がたった約500円と4TB自体がだいぶ主流となってきています。
WDはGreenシリーズがある時から使ってきていて今まで使っていて故障したことは無かったのでWD製のBlueを選択しました。

余談ですが、故障率が一番低くて信頼性がとても高いのはHGST(日立)で有名でしたが、今はWDに買い取られ子会社となり、HGSTブランドが消滅してしまいました。しかし、WDから出ているUltrastarシリーズはHGSTブランドとWDの最上位シリーズだったGoldが統合した形で高い信頼性を誇る製品が出ています。データセンター向け製品ではありますが本当に耐久性を求める方にはおすすめです。
ただしお高いですがね…

価格.com
WESTERN DIGITAL HUS726T4TALA6L4 [4TB SATA600 7200] 価格比較
■最安価格(税込):21,349円 ■店頭参考価格帯:23,760円〜23,760円 ■価格.com売れ筋ランキング:67位 ■満足度レビュー:3.00(1人) ■クチコミ:0件 (※9月24日時点)

それでは増設していきます。

増設の主な手順としては
1. PC本体の蓋を開ける
2. PC内部にケースによっては、3.5インチHDDを収納するためのアダプタが入っているので取り出し、取り付けるHDDにアダプタを取り付ける。
3. HDDをPC内部に設置し、SATAケーブル、電源ケーブルを取り付け、PC本体の蓋を閉じる。
4. Windowsが無事起動したらディスクの管理からフォーマットをする。
以上です。

よくあるのが、取り付けたけどHDDがBIOSでは認識しているのにWindows上のファイルに表示されない!というのを聞きますがWindows上で使える形式にフォーマットしないと使える状態にはならないので注意が必要です!
因みにOSが違えばサポートしているフォーマット形式も異なる場合があるので違うOS間でのHDDの移動も注意が必要です。

因みにHDD増設でパソコンショップに持ち込みし、お願いすると相場としてはHDD本体の金額を別として、手数料として5000円~ほどかかります。
自分でできる場合は自分でやってみるのをおすすめします!ただ、メーカー製のパソコンや、BTO等の場合で知識がない場合は店員さんに相談してみるのもありです。

↓わかりにくいですが、一番下にあるのが今回増設したHDDです。

増設完了

フォーマットをして無事Windows上で認識しました。
因みに、4TBのHDDなのに実際に使えるのは3.63TBというのは1GB=1000MBではなく、WindowsなどのOSでは1GB = 1024MBとしてカウントされているからです。情報系の人としては1GBは1024MBとして当たり前かと思いますが、HDDなどのカタログスペックでは1GBは1000MBとなっているためです。詳しくは調べると記事が結構出てくるので調べてみてください。
HDDの容量問題で、GiB(ギビバイト)とか単位とかありますが全然普及していなくて混乱を招きますね…

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。