PCのメモリ増設

PCのメモリ増設

増設用にメモリ購入

メモリの金額が底値を超えて値上げの動きが見えたので増設用にメモリを購入しました。
増設の際にちょっとしたトラブルもあったのでその点も含めて紹介していきます。

買ったのは、コルセアのDDR4-3000MHz 16GB(8GB×2)VENGEANCE RGB PROです。
購入価格は13,475円でした。
値段の変動が激しいので少し高くなったと思いきや下がったりしているので買い時が微妙です。

増設前に元々使っていたメモリは、DDR4-3000MHz 16GB(8GB×2)VENGENCE RGBで、増設用に買ったメモリとは違い単色で色が変わるLEDモデルになっています。

本来であれば同じものを購入して揃えたかったのですがこちらのほうが数千円ほど安くLEDの発光も綺麗なのでこのメモリを選択しました。
本来であれば同じメモリを付けるほうがいいんですが…
流用して違うPCで使う可能性もあったのでその点は特に気にせず購入しました。
因みに増設したメモリと既存のメモリはメーカー、容量、動作周波数は同じものを選びました。

いざ増設

あれ、PCが起動しない…

増設が無事終わり電源を繋いで電源をオンしてみました。
電源が入ってメモリのLEDは光るのにPOSTして画面が映らない…

うまく挿さっていないのかなって事でもう一度挿し直しても変わらない。
既存のメモリを外して増設用メモリ2枚で電源オンすると起動する。
既存のメモリ1枚と増設用のメモリ1枚を混ぜて電源オンすると起動する。
4枚刺しだと起動しない。
と、色々試行錯誤しました。

このような時、本来であればCMOSクリアすれば大抵何とかなったりしますが、使っているマザーボードの仕様でグラボの下にクリア用のジャンパーピンがあるのでグラボ外すのは面倒だなということでクリアしませんでした。
結論としては、一度メモリを減らして2枚にし、UEFIに入り初期化したことで無事4枚挿した状態で起動しました。
恐らくですが、XMPプロファイルを有効にして使っていたため、起動しなかったのかもしれません。

増設してみて

元々、PCには16GB積んでいるのでゲームをしたりする分には全然問題はありませんでした。私の使い方では特に元々不満はなかったので増設後に変わった点は何もありません。
重たい動画編集や4K高フレームレートでゲームなどをしない限り現状は16GBあれば十分だと思っているので増設したところで特に大きな変化は期待できないと思っています。ベンチマークによってはスコアが上がるかもしれませんが、比較している記事はたくさんあると思うので割愛します。

ずっと16GB以上のメモリを積んで使ってみるのが憧れだったのでその目標を達成できてそれだけで満足です(笑)
メモリを沢山積むのはロマンですね。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。