【使い道いろいろ】あると便利な検証用PCのつくりかた 組み立て/セットアップ編

【使い道いろいろ】あると便利な検証用PCのつくりかた 組み立て/セットアップ編

前回はパーツの選び方編でしたので、今回はその続きとなる組み立て/セットアップ編です。
一通りパーツが揃ったら、普通の自作PCと同じように組み立てていきましょう。
組み立て方を隅々まで解説していくと非常に長くなってしまうので、ここでは重要な部分のみ解説していきます。詳しい組み立て方は必要に応じておググりください。

マザーに各パーツを付ける

・CPUの取り付け
向きを合わせてソケットに入れて固定するだけ。って短っ。

・CPUクーラーの取り付け
AMDのリテールクーラーであれば固定具に引っ掛けてレバーを倒し、Intelの場合はプッシュピンを一度引っ張り右に回して場所を合わせて押し込むだけ。取り付けられない場合は、固定具やピンがバカになっていないかの確認を。
AMD系であれば引っ掛ける部分と固定具を針金で縛れば何とかできますが、Intelの場合はプッシュピンを新たに買うと逆に高くつくので使えそうなものをもう一つ用意しましょう。
もし社外品のクーラーを使用し各パーツと干渉しそうなのであれば、取り付ける順番を工夫するなどして回避を。

・メモリの取り付け
基本的にはCPUに近い方のスロットから挿し込んでいきます。サーバーやワークステーション向けのモノでは決まった挿し方でないと起動しないことがありますが、至って普通の検証機にこんな変わりモノマザーを使う人なんてどこにもいないと思うので気を付ける必要はおそらくありません。
気になる場合はマザーのマニュアルが基本的にはサポートページに転がっているので、マザーの型番でおググり下さい。奥まで挿さないと認識しないので、安定した場所で挿し込むかマザーの裏面とメモリを挟む形でギュッと握ったりして下さい。ただし後者は変な所を握ると手がピチューンするのでご注意を。

・配線
解説する必要が全くなさそうなので解説しません。ケース(ベンチ台?)に向きを合わせてパーツを置いて、ケーブルを繋いでいくだけ。

動作確認

組み立てが終わったら、今度は動作確認。ドライバショートや電源スイッチで電源を入れましょう。
ですが新品はもちろんこちらはジャンクなので、一発で起動するとは限りません。
ということで起動しない主な原因と対処法を。
(起動しない原因を探っている間は何度も電源を入り切りすると思いますが、これはHDDには非常に優しくありません。安定してBIOS設定画面に入れるようになるまでは、HDDの電源ケーブルを抜いておきましょう。)

・そもそもPCやディスプレイの主電源入ってる? 映像ケーブル抜けてない?
起動しない際にありがちなこれ。ないと思っていても意外とあったりするので、全く通電しなかったり画面が映らない際にはこれを最初に確認しましょう。

・メモリがおかしい
奥まで刺さっていなかったり、どれか1枚が故障していたり… 考えられる原因は数多くあります。まずはメモリを1枚だけに減らし、それでも起動しない場合は別のスロットやモジュールに変えてみてください。一つのスロットが死んでいたら同じ色のもう一つのスロットが死んでいる場合多し。この場合マザーにスピーカーがあれば、ピーーーーーーーーと長いビープ音が鳴ると思います。LEDで判別できるマザーも。

・CPUやソケットのピン折れ
ファンが回ったり止まったりする際によくある原因です。LGAであればラジオペンチやピンセット、PGAであればシャーペンやラジオペンチでそこそこ簡単に修理できます。曲げ戻した際に反動で正常なピンまで曲げてしまわないようご注意を。

・電源ユニットがおかしい
そもそも通電しなかったり、すぐに電源が落ちたりする場合はこれ。別の電源があれば、それに変えて試してみましょう。おかしい電源は危険なので、修理する場合などを除きその後通電させてはいけません。

・ホコリが原因のマイクロショート
ホコリをかぶっているマザーによく見られます。エアダスターなどで各スロットやコネクタ、部品が密集している部分のホコリを飛ばし、電源を入れてみてください。過去にこれでP45マザーが動作するようになりました。

・静電気で壊れてる
静電気による破損もあるようでないようであったりします。こうなると修理ができませんので、代わりのものを用意するほかありません。前回では取り上げていない世代ですが、Intel 865系と組み合わせられるICH5の初期版は静電気耐性がなさすぎてめっちゃ壊れた。

・その他の原因
チップ飛びやパターン切れなど、修復が不可能になっているかもしれません。その場合は静電気の場合と同様そのパーツは諦め、別の使えそうなものを用意してください。

OSインストール(~初期設定)

今回例として使っていくのは、Windows 10 64bitの試用版。32bit版でも大丈夫ですが、現在は32bit OSに対応しないソフトも多いですし、メモリが4GBでも設定を詰めれば意外と余裕ができるので、64bit非対応のハードを使うなど特に理由がない限りは64bit版を強く推奨します。もし古いハードを使う予定がある場合は別のHDDを繋いでXPの32bit版をインストールしましょう。これをやる人はサポート切れのことなど気にしないので危険性についての話はなしで。

・DVD/USBメモリからの起動
この世代であれば普通に光学ドライブまたはUSBメモリからの起動に対応します。どちらでメディアを製作しても問題ありません。

・インストール開始
インストールが始まったら、初期設定のところまで普通に進めていくだけ。特に説明することもありません。

「システムで予約済み」が嫌いな方へ:
パーティション操作を行うGUIが出る前にShift+F10を押してコマンドプロンプトを出し、そこにdiskpartと入力します。
そうするとDiskPartが立ち上がるので、↓の通りにコマンドを入力してください。(>と→の先は入力不要)
※既にHDDの全容量を使って領域が作成してある場合は不要。UEFI+GPT環境ではできません。

>lis disk
→ディスクを一覧表示。ここでインストールするHDDの番号を確認。
>sel disk (↑で確認したHDDの番号)
>clean
>cre par pri
→容量を指定していないので全領域を使います。容量を指定する場合はsize=の後に続けて指定する容量をMB単位で入力。全容量を埋めないとシステム(ryが生えてくるので、何があっても全容量を埋めてください。
>for fs=ntfs quick
NTFSでクイックフォーマット。quickを外せば普通のフォーマットもできますが、非常に長くなるのであまりやる意味はありません。所詮は検証機、クイックフォーマットだと~なんて考えは捨てよう。複数の領域を作成した場合はlis parとsel parでそちらの領域も選んでフォーマット。
>exit
そのまま出ます。ドライブ文字を当てる必要はありません。必要があればass letter=ドライブ文字で空いているものを当てましょう。

あとは通常と同じように進めていくだけです。
余談ですが、↑の手順で開いたコマンド プロンプトにtaskmgrと入力して実行するとWin7スタイルのタスクマネージャが登場します。気になる方はぜひお試しあれ。notepadでメモ帳も。

※こちらの動画でこれと同じような設定を行っているので、動画で見たい方はこちらもご参照ください。

(16:40辺りからOSのセットアップが始まります)

OSインストール(初期設定~デスクトップ)

何回か再起動を行った後に出てくるのは初期設定。ここでは個人的な検証機におすすめの設定を解説していきます。

・Microsoftアカウント
不要。面倒になるだけなので、Enterprise Evaluationであれば「代わりにドメインに参加する」を選択してください。
ユーザー名は適当に設定すればOKです。パスワードは起動させるときに目の前で見ていないといけないので不要。

・Cortana
OSの起動に時間がかかるだけ。あっても無駄なリソースを使ってしまうだけなので、拒否を選択してください。

・アクティビティの履歴
いらん。(というか最近のネット上のサービスはやたら履歴を同期してくるけどこれって意味あるの?)

・デバイスのプライバシー設定
全部OFF。理由はお察しください。SpaceキーとTabキーで素早く(?)全て無効化できます。

あとは放置でデスクトップが現れるので、それまでCeleronでも眺めて待っていましょう。

ドライバの適用

最近は稀にドライバをインストールしていない状態で検証を行っているジャンク動画も見かけますが、これはよろしくありません。見かけた場合はコメントで教えてあげましょう… というのは置いておきまして、ドライバのインストール。
各パーツの型番でメーカーのサイトを検索し、そこで配布されているドライバをインストールしてください。拡張ボードを付けていなければマザーボードのサポートページで配布されているドライバを全て入れるだけです。ドライバに混ざって配布されている追加のソフト等は入れる必要なし。
ですが一部のドライバは現在でも更新が続いているので、気になる場合はその名前で検索してみましょう。主にLANコントローラで見られます。

そしてドライバを適用するとついでに設定用のユーティリティが付いてくることもありますが、ほとんどの場合は使用しないのでOS起動時に自動起動する設定を無効にしましょう。重くなるので。

最後に、この世代のものではWin10用のドライバが配布されていないものもそこそこ多いですが、ほとんどの場合はWin7/8/8.1用のものでも正常に動作します。もしこれが当たらない場合は、諦めてOSが捕まえてきたものを使用してください。意地でも当てたい場合はINF書き換えと署名回避を使えば当たらないことはないけどおすすめはしない。

重く、不安定に、そして使いにくくなる原因を潰そう

ドライバを入れている際にもお気づきになると思いますが、Win10はHDDだとめっちゃ重い!
ということで重さの原因を潰していきます。うまくいけばデスクトップが表示された数秒後には安定するので絶対に設定しよう。

・高速スタートアップの無効化
重くなる原因の前にまずは不安定になる原因を排除。一見すると起動の高速化に役に立ちそうな項目ですが(というか起動の高速化を目的とした機能ですが)、ハードウェア構成を頻繁に変える検証機では不安定になるだけの余計な機能。
コントロール パネル→電源オプション→電源ボタンの動画を選択→現在利用可能では(ry→高速スタートアップを有効にする (推奨) のチェックを外せば無効になります。

・スタートメニューに大量にあるタイルの削除
タイルを右クリック→スタートからピン留めを外す で削除。スタートメニューを開く際のもっさり感が軽減できるかもしれません。あと小さくなるので画面上の余計な領域を使わなくなります。

・OneDriveアプリの削除または自動実行の無効化
結果などをUSBメモリに保存する人がほとんどだと思うので削除方法のみを。
設定→アプリ→アプリと機能→Microsoft Onedrive→削除 で削除可能。

・スタートアップに登録された項目の無効化
セキュリティ関連など必要だと思ったもののみ残して無効化しましょう。重いものが入っているとかなり改善されます。

・フォルダ オプションの各項目
最近使ったファイルをクイ(ry/よく使うフォルダをクイ(ry: 溜まりに溜まって「PC」を開く際に重くなるだけ。チェックを外し、ついでに消去を押しましょう。

エクスプローラーで開く: 「PC」に変更。HDD等を繋いだ時などにはPCばかり開くはず。

「表示」タブの詳細設定: 隠しファイル/隠しドライブ/拡張子の表示を有効化。

・UACの無効化
検証機でよく使うであろうCPU-Z、HWMonitor、CrystalDiskInfoなどのソフトは管理者権限を要求します。使う回数も多いと思うので、検証機として使ううえで邪魔になるだけのこの機能は無効にしてしまいましょう。
まずはファイル名を指定して実行にUserAccountControlSettingsと入力し、スライダを一番下まで下げてください。
そしてファイル名を指定して実行にregeditと入力してレジストリエディタを開き、HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionPoliciesSystem を開いて EnableLUA という値を探して値のデータを0に変更。再起動すれば、UACの完全無効化は完了です。

・(レジストリエディタ繋がり)でLFSバージョンの固定HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlFileSystem を開き、そこに NtfsDisableLfsUpgrade というDWORD値を作成してデータを1に変更。これでLFSバージョンが1.1に固定され、旧バージョンのWindowsとの整合性問題が発生しなくなります。ですが更新によって値が消されることもあるので定期的な確認もお忘れなく。
コマンド プロンプトからfsutil fsinfo ntfsinfo C: と入力し、LFS バージョンの部分から現在の状態が確認できます。
※Win7以前のPCがない場合は不要です

・激重!SysMainの無効化
ファイル名を指定して実行にservices.mscと入力し、サービスの管理を開きます。そこからSysMainを探して、スタートアップの種類を無効に変えて停止を押せば完了。本来はユーザーが使うであろうファイルやプログラムを先読みしてメモリに蓄え高速化を図る機能ですが、HDD機だと逆に重くなるので無効にしておきましょう。こちらも↑と同様時々勝手に設定が変わっていることがあるので、定期的な確認も忘れずに。ちなみにこちらのサービスは他のことも行っているようですが、無効にしても全く変化はありません。

・自動デフラグの無効化
ファイル名を指定して実行からdfrgui→設定の変更→スケジュールに従って実行する のチェックを外すだけ。デフラグで知らないうちにガリガリやっててめっちゃ重いといったことが起こらなくなります。

・それでも重い場合は
これらを行えば一通り軽く/使いやすくなると思いますが、これでもまだ重かったり使いにくかったりすることがあるかもしれません。使いにくい場合は重くならない範囲で皆さんの好みに合わせて設定し、重い場合はタスクマネージャでディスク使用率が高いものを調べてそれを潰していきます。潰し方は物によって違うので、それの名前でおググり下さい。

ということでこれで一通り環境の構築は完了です。あとは必要なソフトを導入し、快適かもしれない検証機ライフをお送りください(?)。それでは最後に作例を。

作例(現在中の人が使用している検証機)

※本体の写真はもうしばらくお待ちください!
ジャンクなAMD 790GXマザーをベースとしたすのこがケースのPC。全てジャンクで組んでいますが、一通り安定しています。定期的に使っており重い原因を排除しているので、安定するまで待たされることはほとんどありません。
各パーツの概要も一緒に書いているので非常に読みにくいですが構成を。

CPU:AMD Phenom II X4 925 (現在の相場:1,800円程度?)
→頂き物のPCに入っていたもの。現在はそちらのPCには1,650円のPhenom X4 9550を付けています。性能的にはCeleron G4900より少し高めといった具合
RAM:DDR2 1GBx4 @667MHz (¥440)
→1枚110円と至って普通のDDR2 1GB。クロックとメーカーは適当ですが、相性問題も起こらず動いています。
マザー:BIOSTAR TA790GX3 A2+ (¥1,100)
→BIOSTARのAMD 790GX搭載AM2+マザー。USBポートが数箇所うまく動きませんが、それ以外は正常に動作しています。SB750ではあるが3コア製品の4コア化はできませんでした
CPUクーラー:Phenom X4 9550に付いてたの (現在の相場:800円程度)
HDD:HGST HDS721050CLA362 (¥550)
→秋葉原のインバースにて購入。500GBで550円と少しお買い得? 状態は正常で使用時間は12,000時間程度でした
OS:Windows 10 Enterprise Evaluation 64bit
→Win10の試用版。この構成ですが、割と快適に動いてくれています。
PSU:型番は忘れたがジャンクの450W (¥1,080?)
→Owltechが出してたCore2Duo時代のモノ。価格は忘れましたが1,080円だったと思う。
光学ドライブ:DVD-ROM メーカー不明(現在の相場:330円程度)
→頂き物の光学ドライブ。ディスク読みます。 店によって同等のものが110円だったり550円だったりするのでとりあえず330円程度にしておく
FDD:Sony MPF920 (¥110)
→Sonyの名機。どこかのハードオフにて購入しました。
ケース:すのこと角材4本 たぶん1,500円位
→何度も使い回しているすのこ。3240円自作PCを乗せ、北森マザーを乗せ、その後もいろいろ乗せて今に至ります。

総額:¥7,710
この構成にしては高いねぇ…
頑張ればこの半分程度に抑えることも可能なので、皆さんが試される際はできるだけ安く済むように意識してお試しください!

ということでこれにて今回の記事も終了となります。乱文の目立つ長い記事でしたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。